調剤薬局の市販薬に関する解説するサイト

市販薬の選び方

ドラッグストアなどに市販薬を買いに行くと、さまざまな種類の薬が売られていて迷ったということはありませんか?例えば、風邪薬を買いに行ったけれど、いろいろありすぎてどれを買うか迷った経験は、ほとんどの人がしているのではないでしょうか。市販薬を選ぶ際には、自分の症状に合った有効成分の配合されている市販薬を買うと良いでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

アセトアミノフェンは、比較的穏やかな解熱鎮静剤で、小児用にも使われています。アセチルサリチル酸またはアスピリンと呼ばれる成分は、痛み止めとしての効果や解熱剤の役割も果たします。他には、歯痛に効果のあるアリルイソプロピルアセチル尿素や、生理痛の原因となる子宮筋の収縮の止める作用のある芍薬エキスという生薬成分があります。このように、さまざまな成分があるため、自分の症状に合ったものがきっと見つかるはずです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

しかし、そうした成分に詳しい人は薬剤師や医療関係者くらいかもしれません。わざわざ有効成分は何があるかを調べてドラッグストアに行くのも正直に言って面倒です。そういった場合には、市販薬の箱などに書いてある効能の部分をチェックしてください。効能はその薬の成分が効果を発揮しやすい順番に書かれているので、もし頭痛の薬をほしいなら、効能の最初に頭痛と書いてあるものが良いでしょう。成分によっては、胃に負担のかかるものなどもあるため、そこまで知った上で市販薬を選びたい場合は、やはり薬の成分について知識を得る必要があります。

 

薬剤師国家試験