調剤薬局の医薬部外品の効果

医薬部外品の効果

効き目が弱いために、薬の効果そのものが誰でも必ず感じられると言うわけでもなく、効果が期待できるという範囲になります。




医薬品とはこの効果の感じ方について大きな差があります。医薬部外品は、誰にでも問題なく使用できるように、成分が少なめに配合されている薬だと言えます。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



ラベルなどによく医薬部外品と書かれているのは見かけますが、効能や効果についての表示はあまりされていません。


 

どういった成分が配合されていて、どんな効果が期待できると認められているのかは不明なのだとか。これに対して医薬品の場合には、効能・効果が明確に表示されていて、どういった成分が配合されているのかも分かるようになっています。

 

ドラッグストア