調剤薬局の市販薬に関する解説するサイト

重い副作用について

重い副作用になると、間質性肺炎や肝機能障害、脳出血、喘息などの症状が現れることもあります。そのため、添付されている説明書には、服用後の車の運転や飲酒などを控えるように書かれています。

 

副作用に付いて掲載されるようになったのは実は最近のこと。厚生労働省は、平成15年5月30日に、副作用についての説明を載せていない15社の42品目の商品名を公表し、説明を徹底するように要請しています。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

1996年から副作用とみられる間質性肺炎を発症した人が28人にのぼり、対策が必要だと判断されました。

 

すべての人が間質性肺炎の症状を起こすわけではなく、ごく稀なケースであり、原因となる成分が何なのかも分かっていません。

 

間質性肺炎の初期症状は空咳や発熱、息切れなのですが、風邪と症状が似ているため、間質性肺炎だと気づきにくいのだとか。

 

そのため、5、6回服用しても症状が改善しない場合には、医療機関にかかることを勧めています。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら