調剤薬局の市販薬に関する解説するサイト

花粉症の市販薬

薬局やドラッグストアで販売されている花粉症や鼻炎の薬はほとんどが抗ヒスタミン剤です。薬の箱に掲載されている成分に、マレイン酸クロルフェニラミンやシベロン(マレイン酸カルビノキサミン)などが書いてあれば抗ヒスタミン剤が配合されていることになります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

抗ヒスタミン剤は即効性に強く、薬を飲めば早めに効き目を実感することができますが、持続力に欠けていて、大体6時間ぐらいで効果が消えてしまいます。また、カプセル状にして長時間効果をもたせるものもありますが、時間にして大体12時間ほどで効き目は薄くなります。花粉症の成分として含まれているマレイン酸クロルフェニラミンは眠気を誘う可能性があり、薬によってはカフェインを一緒に配合しています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

しかし、カフェインの効果だけでは完全とは言えないため、車の運転などをする場合には注意が必要です。ただ、眠気に関しては人それぞれで、強く眠気を感じる人もいれば、ほとんど眠くならない人もいます。自分が薬の成分で眠くなりやすいかどうかも知っておくと安心でしょう。他の薬と一緒に服用する場合には、飲み合わせに気を付けなければいけません。銘柄は違っていても、効果が同じなら同じ成分が含まれている可能性があります。飲み合わせに関しては成分の知識が必要なので、できれば他の薬と一緒に服用することは避けたほうが良いでしょう。

 

薬剤師 就職