調剤薬局の市販薬に関する解説するサイト

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の薬にはいろいろな種類のものがあります。鼻に直接噴霧する『鼻噴霧用ステロイド薬』があり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなど全ての鼻の症状に高い効果があります。数日使用すると効果が出始め、定期的に使用することで効果が十分に発揮されます。また、副作用もほとんどないため、安心してしようすることができます。『抗ヒスタミン剤』はくしゃみや鼻水に効果を発揮しますが、第1世代には眠気や口の渇きなどの副作用があります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

新しいタイプの第2世代は副作用は軽くなっていますが、効果が出るまでには数日かかります。『遊離抑制剤』は肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンという化学伝達物質を抑える薬です。効果が出るまでに2週間かかってしまうので、シーズン初期や軽い症状の時に使用します。『抗ロイコトリエン薬』『抗トロンボキサン薬』は、特定の化学物質の作用を抑制します。効果が現れるには2週間ほどかかります。『血管収縮薬』は鼻に直接噴霧します。鼻づまりに効果を発揮し、すぐに効果を洗われるのですが、使いすぎると鼻づまり悪化の原因になる可能性があります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

『経口ステロイド薬』は、効き目の強い薬です。しかし、副作用があるため、他の薬では効かないという場合に使用すると良いでしょ。アレルギー性鼻炎の薬にはいろいろなものがあるので、ライフスタイルに合わせて選びことができます。

 

調剤薬局