調剤薬局の市販薬に関する解説するサイト

コンビニで買える市販薬

2009年6月1日から改定薬事法の完全施行にともない、一般用医薬品の販売方法が変わりました。一般医薬品とは、市販薬や大衆薬、OTCとも呼ばれる、医師の処方箋がなくても購入が可能な薬に限定されています。市販薬は第一類医薬品と第二類医薬品、第三類医薬品にわけることができます。第一類医薬品は服用のリスクが高いもので、コンビニなどで扱えるものではありません。第二類医薬品は、リスクは比較的高いもののコンビニなどでも扱えるようになりました。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

主なものとして、風邪薬や解熱剤、鎮痛剤、胃腸薬などがこれにあたります。最初はこうした風邪薬や解熱剤などもコンビニで扱えるはずだったのですが、薬局・薬店の薬剤師による情報提供が必要として、販売解禁は見送り状態になっています。第三類医薬品は、リスクが比較的低いと言われるもので、コンビニでの取り扱いが可能となりました。主なものとして、ビタミンB・ビタミンC含有保険薬や整腸剤、消化薬などがこれにあたります。そのため、実際にコンビニで目にすることができるのは、うがい薬や、のどや胸に貼って鼻づまりを緩和する薬、のどの痛みを緩和するトローチなどです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

賛否両論あるのですが、ある調査ではコンビニで市販薬を購入できると良いと思う人が80%、風邪薬や解熱剤なども変えると便利だと思っている人が70%いることが分かっています。

 

ドラッグストア